セキチク

負けずに堂々と

セキチクは一年中花を咲かせます。

固いものを柔らかくする種と、岩にも花を咲かせる姿から

負けない強い気持ちを持ち続けた宋神道ハルモニが思い浮かびます。

花の中に丸い模様を持つセキチクの細い葉は、四方に向かって伸びています。

支援に集った人々と手を取り合って10年の裁判を闘い抜き、

裁判に負けても「オレの心は負けてない」とおっしゃった宋神道ハルモニは「セキチク」に似ています。

​宋神道ハルモニ

1922年11月24日、忠清南道論山に生まれた宋神道ハルモニは

1938年、中国武昌の慰安所に連れて行かれて7年間慰安所での生活を余儀なくされました。

韓国独立後、宋神道ハルモニは韓国人に対する敵対心がまだ残っていた日本で生活することになりました。

しかし、ハルモニは「在日の慰安婦裁判を支える会」と出会い、

1993年4月、日本政府に謝罪を求めて訴訟を起こし、裁判の過程で心を少しずつ開いていきました。

日本軍「慰安婦」問題を正しく解決するために支援者たちと共に闘い、

「オレのようなオナゴがいたってことを映画にでもしてくれ」とおっしゃいましました。

そして裁判が行われている間日本全国で証言し,戦争に反対する平和運動家として活動しました。

「オレのようなオナゴがいたことを忘れないでください」

ハルモニが経験した10年間の裁判は厳しいものではありましたが、

ハルモニは心を分かち合うことのできる人々がいたから闘い抜くことができました。

その時間は『オレの心は負けてない』というドキュメンタリー映画に記録されました。

長きにわたる裁判は敗訴に終わりましたが、ハルモニは少しも屈することはありませんでした。

その後日本軍「慰安婦」問題の正しい解決のためのキャンペーン、デモ、証言活動を行い、

人権運動家として花を開かせ、1997年には日本国内で人権賞を受けました。

 

「裁判に負けても、オレの心は負けてないから」

花の中に丸い模様があるセキチクの葉は、幾重にも分かれて周辺へと向かっています。

支援の人々や、応援してくれる日本の市民と共に、10年間の裁判をたたかい抜いたハルモニ、

裁判に負けても心は負けていないとおっしゃったハルモニ、そのような宋神道ハルモニを尊敬します。

*宋神道ハルモニは、2017年12月16日に逝去されました。

MARYMOND

花ハルモニ・プロジェクト

より良い社会のために勇気を振り絞り人権運動家になった日本軍「慰安婦」被害者(ハルモニ)一人一人の人生と姿をクローズアップするヒューマン・ブランディング・プロジェクトです。

一人一人の人生に合う固有の花を献呈することで、ハルモニが私たちに語ってくれた正義と平和のメッセージ、そしてハルモニの人生が永遠に尊敬され記憶されることを願っています。

(※「ハルモニ」とは、韓国語で「お婆さん」を意味する言葉です。韓国では、日本軍「慰安婦」被害女性たちを、尊敬と親しみの気持ちを込めて「ハルモニ」と呼びます。)

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

contact

TEL: 080-3418-0609 / info@marymond.jp
〒113-003 東京都文京区本郷3-4-3


OPENING HOURS  平日10:00-17:00

             LUNCH       12:00-13:00

CLOSING HOURS           祝日・週末

★メルマガ配信登録★

copyright©2018 by kibotane all right reserved.