はかなくも眩い

暖かい春に花を咲かせる、「希望」という花言葉を持つ桃の花は、朴車順ハルモニの笑顔を思い出させます。

春の訪れと共に咲く桃の花は、表面にたくさんの突起があって光が乱反射し、どんな花よりもきらきらと輝きます。

冬風のように厳しい人生の中でも暖かい春の心を持ち続けた朴車順ハルモニは「桃の花」に似ています。

​朴車順ハルモニ

1923年4月15日、花が咲く春に生まれた朴車順ハルモニは、家が貧しかったために10歳になる前から奉公に出ました。

そして、17歳になる年にミンミョヌリ(将来息子の嫁にするために幼い時から連れてきて育てる少女)として

嫁ぎましたが、姑の虐待に耐えられず光州に逃亡しました。

光州で店員として働いていたところ、店主によって売春業者に売られ、ある日、汽車に乗ることになってしまったのです。

その後、中国の湖南省で2年を越える慰安所生活を強いられたハルモニは、

23歳頃、監視がゆるんだ隙に慰安所を抜け出しました。

しかし、慰安所にいたことを恥ずかしいと考えたハルモニは、故郷に帰ることができませんでした。

そして中国韶関の農村での生活が始まりました。

厳しい暮らしの中で、心身に傷を負いながらも、朴車順ハルモニは養女を愛情で育てました。

その後、娘とともに『22』という中国のドキュメンタリー映画にも出演しました。

慰安所に連れて行かれた後、ついに故郷の土を踏むことはありませんでした。

長い異国生活で韓国語は忘れてしまいましたが、いつも故郷を偲び、

アリランが流れると涙を流しながら口ずさんでいた朴車順ハルモニ。

「ハルモニおきれいですね」という一言に、またたく間に桜色のほほえみを満面にたたえたハルモニが、

あれほど恋しがっていた故郷にも、春になったら桃の花が咲きこぼれるでしょう。

「やはり故郷が懐かしい…故郷がいい」

故郷への思いを募らせ、

アリランを聞くと涙が出るとおっしゃったハルモニ。

厳しい人生の中でも

いつも暖かい春の心を持ち続けた朴車順ハルモニを記憶します。

*安点順ハルモニは、2018年3月30日に亡くなりました。

MARYMOND

花ハルモニ・プロジェクト

より良い社会のために勇気を振り絞り人権運動家になった日本軍「慰安婦」被害者(ハルモニ)一人一人の人生と姿をクローズアップするヒューマン・ブランディング・プロジェクトです。

一人一人の人生に合う固有の花を献呈することで、ハルモニが私たちに語ってくれた正義と平和のメッセージ、そしてハルモニの人生が永遠に尊敬され記憶されることを願っています。

(※「ハルモニ」とは、韓国語で「お婆さん」を意味する言葉です。韓国では、日本軍「慰安婦」被害女性たちを、尊敬と親しみの気持ちを込めて「ハルモニ」と呼びます。)

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

contact

TEL: 080-3418-0609 / info@marymond.jp
〒113-003 東京都文京区本郷3-4-3


OPENING HOURS  平日10:00-17:00

             LUNCH       12:00-13:00

CLOSING HOURS           祝日・週末

★メルマガ配信登録★

copyright©2018 by kibotane all right reserved.