top of page

New Artwork インタビュー 1.可能性が開かれた無限の空間

誰もが理解され、尊重される世界

「人には生まれつきの体質があるように、一生語っていく話もそれぞれに生まれ持っているのではないでしょうか。」

‐コ・ジュヨンさんのインタビューから

私たちは同じ空間に生きているが、実はそれぞれの世界に閉じ込められて生きているのかもしれない。鳥が水の中で生きられず、魚が空を飛べないように。それぞれの世界に慣れてしまった私たちはいつの間にか他者の世界を理解しようともしていなかったのはないだろうか。そのような視線の中で抑圧と重苦しさを感じている人々を、コ・ジュヨンさんは想像の世界へと案内する。一人ひとりの世界を理解し、主体性を尊重する空間。森の中で自由にさすらう魚のように思い切り解放感を感じられる平和の世界に。

 

簡単に自己紹介をしてください。

 こんにちは。イラストレーターのコ・ジュヨンです。私は環境を変える人ではありません。同じ生活パターンと風景に向き合って暮らしています。でも、周りの風景から興味深いものが声をかけてくる瞬間があるんです。その向こう側のストーリーを想像しながら、絵を描いています。


デザイナー コ・ジュヨンさん ©marymond
普段作業する時、一番大事だと思っている部分は何でしょうか。

 私はクライアントに依頼される作業を長く続けてきました。以前は装飾など外的なイメージの美しさに関して話していました。その中で、だんだん消費されるイメージと心に残るイメージについて考えるようになりました。その結果、これからは長く記憶される絵を描きたいと思ったんです。最近は、絵を見る人たちにどんなストーリーを伝えることができるかについて考えています。私は、一人のストーリーテラーになりたいんです。

「森の魚」アートワークのコラボ提案を受け入れた理由を聞きたいです。

 以前からマリーモンドについて知っていました。最初連絡を受けた時、「私が知っているあのマリーモンドで間違いないのかな」と思いました。すごくうれしくて、すぐに提案を承諾しました。日本との敏感な問題がイシューになっていた時期でもあったので、今回の作業が問題解決に少しでもプラスになってほしいと思って、一緒に作業しようと思いました。

 これまでよりもさらに拡張したマリーモンドの方向性を込めたプロジェクトを進行する予定だという説明とともに「森の魚」というテーマを聞いて、森と海が出会うというのはどういう意味を持つのか気になりました。それぞれ違う空間の森と海を行き来する魚の自由さが印象的でした。みんなが交じり合える理想的な空間が想像できる機会になると思いました。はじめてマリーモンド担当者とミーティングした時、デザイナーが表現したい感覚を生かして作業してほしいという言葉が今も忘れられません。作業方法を刺繍ドローイングのスタイルに変えてから自分の作業を信じてくれるクライアントに出会えたことがすごく嬉しかったからです。

アートワークの作業過程で大変だったことはありませんでしたか。

 信じてプロジェクトを任せてくれたので大変なことはあまりありませんでした。自由な環境の中で作業ができて満足しています。あえて残念だったことをあげると、スカーフの思案として作業したアートワークがとても気に入っていましたが、全部は発売されなかったことです。機会があれば他のアートワークも製品として使われるとうれしいです。

 大変だったことより楽しかったり興味深かった点について話したいです。まず、バッグに入れるメイングラフィックの作業は初めてでとても楽しかったです。バッグは衣類とは違うアイテムで、使う人にとって違う意味があると思うからです。自分がいつも持ち歩くものを入れるスペース、だからもっとも個人的な空間だと思います。どこかでその人を知るためにはバッグの中を見るとわかるという話を聞いたことがあります。服が外部を表現するものだとすれば、バッグはその人のストーリーを入れるものだと思います。人それぞれ自分の考えが込められたバッグを他人にどう見せるのかも大事な要素だと思いました。それでメッセージを持ったバッグを作ったんです。自分が持っているものをどう保管して、それと同時に自分のメッセージをどう表すのかを考える作業でした。