top of page

裴奉奇さんの花を見つけるプロジェクト結果発表

キボタネ若者PJT2022


裴奉奇さんの花を見つけるプロジェクト


結果発表


 2022年11月に開始されたキボタネ若者PJT「裵奉奇さんの花を見つけるプロジェクト」は、2023年4月29日に発表報告会を開いて終了しました。


 4月29日の発表報告会では、半年間裵奉奇さんの人生を見つめ、その被害と後遺症に向き合ってきたPJTメンバー13名が3つのグループ(アザミ、ホウセンカ、イワタバコ)に分かれてプレゼンテーションをおこないました。


 その結果、アザミが裵奉奇さんの花として選ばれました。プレゼンテーションはどれも素晴らしく、3グループのプレゼンテーションを聞いただけでも裵奉奇さんについて多くを知り、心を寄せることのできる内容でした。その中で一つを選ぶのは大変むずかしいことでしたが、アザミが選ばれたのは以下のような理由です。




 アザミは、草食動物から身を護るため葉に鋭いトゲがあります。そして綿毛状の種を風に乗せて飛ばします。この2つの特徴が裵奉奇さんを表す重要なポイントだと考えました。潔癖症で、取材者など周囲から身を守るようにひっそりと暮らしていた裵奉奇さん。日本軍「慰安婦」にされたことで心に刻まれた傷、その傷を掘り返そうとする人々に対する拒絶感として現れる裵さんの痛みを、アザミの葉の鋭いトゲが象徴しています。そして、母国でも放浪し、戦後の沖縄でも「落ち着かん、落ち着かんのよ」と焼跡にできた町々をさまよい歩いた姿は、まるで風に飛ばされ根を下ろせる場所を探し求めるアザミの種のようです。また、種にはもう一つの意味を込めました。実は裵さんも、決して殻に閉じこもり続けていたわけではなく、身近な理解者と交流する中で、自らの尊厳を回復する過程を歩み、日本政府の責任を問う声を上げていたのです。90年代に始まる解決運動に先駆けて、日本軍「慰安婦」問題の解決を求める声を挙げた裵奉奇さんの遺志が、金学順さんたちへの闘いへとバトンタッチされたことは、まさに裵さんの存在が解決運動の種になったことを示しています。


 今後、マリーモンドジャパンでは、裵奉奇さんの花としてアザミのパターンで様々な商品を販売していきます。アザミが描かれたマリーモンド商品を通して、裵奉奇さんの人生に心を寄せる人々が増えることを願っています。

閲覧数:108回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スマホケース価格の改訂のご案内

平素よりマリーモンドジャパンをご利用頂き、誠にありがとうございます。 マリーモンドジャパンは、2023年11月1日より、スマホケースの価格を改定させていただくことになりました。 スマホケースの注文製作を一時休止しておりましたが、新しい製造体制で注文製作を順次再開いたします。製造費用の変動に伴い、スマホケースの価格を以下のように改定させていただきます。 今後も企業努力を行ないながら、よりよい商品を継

Comments


bottom of page