野菊

屈することなく

希望の記録を残す

長く留まり濃く広がる野菊の香りのように、

姜徳景ハルモニが高齢になって描き始めた数多くの絵画と記録を通して世の中に残こそうとしたこと。

それは、真実と次世代への希望でした。

「死ぬ前に必ず残す」とおっしゃった「責任者を処罰せよ:平和のために」という作品を描き上げ、

死を目前にした病床においても犯罪の認定と法的責任の履行を求め、

この問題を記憶して欲しいとおっしゃった姜徳景ハルモニの言葉を深く心に刻みたいと思います。

​姜徳景ハルモニ

1929年、慶尚南道晋州に生まれた姜徳景ハルモニは(韓国の数え年で)16歳の時、

日本人担任教師に勧められて勤労挺身隊として日本の飛行機部品製造工場に行きました。

その後、工場から逃亡して捕まり、慰安所に連れて行かれて日本軍「慰安婦」にされました。

64歳になった1992年、自身が日本軍「慰安婦」被害者であることを明らかにし、

日本政府から公式謝罪と賠償を勝ち取るための運動を開始しました。

姜徳景ハルモニは、慰安所で経験した痛みを絵画で表現し、

「奪われた純情」「謝罪せよ」「責任者を処罰せよ」など

多くの作品を遺されました。

また、末期の肺癌であることを宣告された後、

自身の姿を撮って欲しいというハルモニの願いで製作されたドキュメンタリー

『ナヌムの家Ⅱ』(原題『低い声2』)に、最後の姿を遺されました。

正義と希望の熾烈な記録

 

1995年12月、自身が肺癌末期であることを知り病床に就いた後にも、

被害事実をもっと知らせなければならないと言い、

死を目前に控えた病床でも、犯罪の認定と法的責任を回避して見舞い金でごまかそうとした

日本の「アジア女性基金」を拒否し、この問題を記憶して欲しいとおっしゃったハルモニ。

次世代に必ず伝えて欲しいと、正義と希望を最後まで叫んだハルモニの人生に尊敬を捧げ、

その熾烈な記録を引き継いで行きます。

 

*未完成の絵を遺して、姜徳景ハルモニは1997年、69歳で他界されました。

「私たちに起きたことを、

全世界の人々に知ってほしい。

平和という希望のために

姜徳景ハルモニがこの社会に遺された
正義と希望の熾烈な記録を前にして
芸術家で人権運動家でもあったハルモニに
深い尊敬の気持ちを捧げます。

MARYMOND

花ハルモニ・プロジェクト

より良い社会のために勇気を振り絞り人権運動家になった日本軍「慰安婦」被害者(ハルモニ)一人一人の人生と姿をクローズアップするヒューマン・ブランディング・プロジェクトです。

一人一人の人生に合う固有の花を献呈することで、ハルモニが私たちに語ってくれた正義と平和のメッセージ、そしてハルモニの人生が永遠に尊敬され記憶されることを願っています。

(※「ハルモニ」とは、韓国語で「お婆さん」を意味する言葉です。韓国では、日本軍「慰安婦」被害女性たちを、尊敬と親しみの気持ちを込めて「ハルモニ」と呼びます。)

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

contact

TEL: 080-3418-0609 / info@marymond.jp
113-003 東京都文京区本郷3-4-3


OPENING HOURS  平日10:00-18:00

             LUNCH       12:00-13:00

CLOSING HOURS           祝日・週末

copyright©2018 by kibotane all right reserved.